Note

2018-08-09 17:00:00

No.002 Introduce

86DAF324-0E2D-4037-B5CC-CE136E5869EB.jpeg

 Late1950's〜 LEVI'S501XX

&

Early2000's Dries Van Noten

 

後ほどインスタグラムでも最初にご紹介する2点

 

先駆者が世の中のスタンダードを作り、

後世にもその意匠が引き継がれ、

アップデートされていく様子を見る

 5ポケットデニムパンツのデザインの対比。

そしてそのどちらにも価値を見出して

選ぶ事の出来る、現代なりの楽しみ。

イメージするMONKの一部分を切り取った様な。

 

 

そうやって日々の商品紹介は

主にインスタグラムを用いるので、

こちらのNoteは要所でトピックを挙げて参ります。

  

今回のNote No.002 introduceで触れる点は

 「余白」

 E66036C6-5FCF-40C7-AD4B-21D2D302611A.jpeg

 1970's Vintage Graphic Patterned Shirt

 こちらはインスタグラムに掲載していないアイテム。

花のグラフィックと

ピクセルアートを組み合わせた様な

珍しい柄、何とも言えない色合い、

3連ボタンラウンドカフス仕様、

で、40年以上前のデザインという

襟以外に古さを感じないミドルヴィンテージ。

個人的には惹かれる点が多いですが、

取り分け古い訳でもなくデザインの好みが分かれ、

これだ、という客観的な価値は

見えないゾーンのアイテムです。

しかしながらこの様な主観の“余白”がある服は

自由で面白く、腕を奮わせるポイントに思います。

 

MONKという箱のコンテンツ自体も

これから精進していく中で変化があったり、

この様な場所で全てを情報化するのは難しいです。

上記のシャツの様に

インスタで商品紹介していない入荷アイテム、

立ち会わすスタッフやその日の店の雰囲気、

それら全ても楽しみの“余白”と捉えて

これからご期待いただければと思います。

 

店頭ではお気軽に持ち帰れるアイテム層

多少意気込んでお選びいただくアイテム層

どちらも準備をさせていただきます。

 

 

introduce(導入)というタイトルの割には

壮大なイメージを描く訳では無く

シンプルなお伝えになりましたが、

情報やお店、そしてヒネリ要素があり過ぎる時代こそ

基本を真面目にやるべきかなと、そう思いました。

 

これから時折商品に少し個性を抽出する分、尚更。

 

( 阿部 )